AMIミートアップイベントレポート(代表によるプレゼン)

撮影市場の変化や動向、aMiが目指すプラットフォームについて、AMIフォトグラファーミートアップで代表の藤井がお話しさせていただきました。

撮影市場の変化や動向
aMiが目指すプラットフォーム
求めてるフォトグラファー像や
2021年までの目標など

代表の藤井がミートアップイベントで熱く語りました。




◆ブライダル撮影から企業案件撮影への変化について

我々はウェディングの前撮りをするフォトグラファーのマッチングサービスからスタートしたのですが、
私が海外から帰国してわかったのは、フォトグラファーさんは毎日ウェディングの撮影だけしているというわけではなく、
家族撮影や平日に法人案件の撮影などもされているということです。

ウェディング撮影の場合、会場への持ち込みがなかなか難しかったり
前撮りは衣装などのパッケージが主流だったりするので
個人のフォトグラファーさんにお願いするようなこだわりのある方はまだ主流とは言えません。
さらにいうと昨今ではこだわりのある方は直接インスタグラムなどでフォトグラファーを探して依頼することもできます。

そう言った中で、
フォトグラファーさんとしては空いている時間に仕事がどんどん入ることが大事だし、
撮影したい人にとってはリーズナブルに良い撮影をしてもらえることが大事だなということがわかってきました。


そこで、それなりに撮影需要のボリュームを抱えている法人と提携することで、
フォトグラファーの空いてる時間に撮影をマッチングすることで
オンライン上で1000名以上のフォトグラファーとの繋がりがある我々のサービスの介在価値が発揮されやすいなと。

もともとやりたいと思っていることや
実現したい世界観は変わってないですが、現状に即したやり方に変化させながら事業を展開しています。



◆撮影市場の変化・動向について

そもそもプロ向けのカメラ販売台数は下がっている一方で
スマホの台数は右肩上がりに上がっています。

スマートフォンで写真を撮る人のほうがよっぽど多い状況であると。


Adobeもハードでの商品提供からクラウドでの販売にに変えたことで
一気に売上が伸びている状態です。


これって言い換えると、
写真も手軽に機材が手に入るようになって
しかも、簡単に編集できる時代になってきたということですよね。


撮影市場も、ものすごく変わってきているということだと思います。


また、今は働き方自体も大きく変わってきています。
フリーランスの人が増えて、個人で稼ぐ人が増えてきました。


つまり、

好きな場所で好きなだけ
最高の撮影体験を提供できる時代になってきた

ということだと。
私はこれはチャンスだと考えているんですね。



◆aMiが目指すプラットフォームの未来とは?


例えば、airbnbやUberなど所謂プラットフォームははこの10年ほどで大きな変化が起こっています。

ホテルから"民泊"という流れに変わったり
公共タクシーから"ライドシェア"と業界に大きく変革がもたらされています。


インターネットのプラットフォームの定義というのは大きく3つあると思っています。


1つ目は、双方向もしくはマルチサイドで
需要と供給が成り立つもの



私たちが作っているものでいうと
撮影するフォトグラファーさんと、撮影したいお客様のプラットフォームとして
需要と供給が成立しているということです。


2つ目は、リソースをプラットフォーム自体がもたなくても
サービス提供ができること

airbnbもそうですけど
誰かの空いている家の空間を使って貸し出しができたり、

UberもUber自体が車を所有してるわけではなくて
リソース(車)を保有する人と移動したい人のマッチングを行なっています。


場所などのリソースを自ら持たずに持っている人を
マッチングすることによってサービス提供できるのが
プラットフォームの特徴です。


3つ目は、ネットワーク効果でサービスを大きく成長させられること


直線で成長するというよりは、供給を増やしていくなどの介在価値をあげることによって、
どこかのタイミングで一気に指数関数的に成長させられることが特徴です。

クチコミなどでどんどん知ってもらうきっかけが増えるなどで認知が広まり、
需要と供給を伸ばすことで一気にサービスが成長させることができます。



◆aMiの目指す世界観への想い

以前、私自身が中近東で貧富の差が激しい国に住んでいたというのもあるのですが


どんな環境の人でも腕さえあれば
どこでも活躍できるようなプラットフォームを作りたい
ということを
ずっと昔から思っていました。


これはフォトグラファーさんのお話だけでなく、
何か行動したいなと思ってもそれが疎外されてしまっているような環境にある人を
自分たちが介在することによって
その阻害要因をなくしていくようなサービスを昔から作りたいと思っていました。


私自身がゼクシイ出身でアジアのウェディング業界で仕事をしていたことがきっかけで
撮影というマーケットにチャンスを見出し、
今はフォトグラファーに対して介在価値が発揮できると信じて取り組んでいます。


意思がある人が活躍して
人が幸せになれる生態系をつくる
というのが
私たちの会社の理念です。



◆2021年までの目標について

稼働していただけるフォトグラファーさんや撮影件数も増えてきているので
今後はそこをどんどん伸ばしていきたいなと思っています。


2021年までの目標は
まず、撮影件数をとにかく増やしていくこと
フォトグラファーさんからすると
AMIに登録すると仕事がいっぱい増えるいう状況を作ることです。

それによって私たちの経験値や様々な情報が溜まっていくので
それをよりブラッシュアップして
スムーズにマッチングが成立したり
評価が高い人には指名プランでのマッチングが成立するなどの仕組みを作りこんでいこうと考えています。


そして次の年以降は
まず、知名度を上げるなどの投資を行い、
個人撮影のマッチング数もっと増やしていきたいと思っています。


私はもともと海外に住んでて海外で事業を立ち上げたということもあるので

今のサービスも世界中の人に使ってもらいたいなというのが
最初に立ち上げたときから思っていることです。


AMIを使うと
面倒くさいことが解決できるようなツールを
使っていただける仕組みづくり
をして全世界に向けて展開していきたいと考えています。


フォトグラファーさんの代わりに営業・集客・その他業務を行うという形になるので
我々を通じて効率よく案件を増やしたり、面倒なことをツールなどで解決していくサポートをしたいと考えています。


そして、私たちの体力がつけばつくほど商品力(および知名度)が上がると思っているので
2019年は体力づくりをまずはしたいです。



◆aMiで求めているフォトグラファー像について

大事なことはお客さんに喜んでいただけるかどうかなので、
私たちがジャッジすることではないなと思っています。

お客様が評価して
すごくありがたいと感謝してもらって信頼が積み重なっている人が
どんどん活躍できる仕組み


作っていきたいなと思っているところですね。



AMIに登録してみる(無料)