利用規約

株式会社aMI(以下「当社」といいます)は、当社の運営するウェブサイト「AMI」(以下「本システム」といいます)を利用する者(以下「ユーザー」といいます)との間で、当社が提供する写真撮影予約サービス(以下、「本サービス」(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)といいます)の利用について、ユーザーが遵守すべき事項及び当社とユーザーとの権利義務関係を定めることを目的とする「AMI」利用規約(以下「本規約」といいます)を、ここに提示します。

第1条(利用の申込み)

  • 1. ユーザーは、本規約に同意の上、当社所定の『AMI登録フォーム』または本システムに登録することにより、本サービスの利用の申込み手続きを行うものとします。
  • 2. 登録の申請は必ず本サービスを利用する個人又は法人自身が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません。また、本サービスの利用を希望する者は、登録の申請にあたり、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければなりません。
  • 3. 当社は、当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知し、この通知により登録希望者のユーザーとしての登録は完了したものとします。
  • 4. 前項に定める登録の完了時に、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約がユーザーと当社の間に成立し、ユーザーは本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになります。
  • 5. 当社は、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあります。
    • (1) 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
    • (2) 当社に提供された登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    • (3) 過去に本サービスの利用の登録を取り消された者である場合
    • (4) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    • (5) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合
  • 6. 当社は、ユーザーに対して本人確認を求める場合があるものとし、ユーザーは、当社から資料の提供を求められた場合は、速やかにこれに応じるものとし、虚偽、偽造、変造又は誤認を与える資料を提出、掲載しないものとします。

第2条 (ID及びパスワードの管理)

  • 1. 当社は、『AMI登録フォーム』又は本システム内の申込フォームによる登録を受領した場合、原則として、ユーザーに対してID及びパスワードを付与するものとします。ただし、当社はユーザーからの登録の申込みを承諾しない場合があります。
  • 2. ユーザーは、当社から付与されたID及びパスワードの管理責任を負うものとし、漏えいや使用上の過誤等によるユーザーの損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 3. お客様は、当社が認めた場合を除き、ID及びパスワードを第三者に貸与、譲渡、名義変更、売買、質入れ等をしてはならないものとします。
  • 4. ユーザーは、ID若しくはパスワードの盗難があった場合、ID若しくはパスワードの失念があった場合、又はID若しくはパスワードがユーザーの意に反して第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡し、当社の指示に従うものとし、これにつき当社は一切の責任を負わないものとします。

第3条(個別の申込みの成立)

ユーザーは、当社の付与したID及びパスワードを⽤いて、本システムの管理画⾯を通じて、写真の掲載、プランの作成を⾏うことができます。ユーザーが作成したプランの掲載が開始された時点で、ユーザーは当社に個別のプラン掲載を申込んだものとし、当該プランに関して本システムを通じて写真撮影を希望するユーザー(以下「クライアント」といいます)の写真撮影の予約(以下「撮影予約」といいます)が完了した場合、当該プランに応じた写真撮影サービス(以下「写真撮影サービス」といいます)提供の義務が発⽣します。

第4条(サービス料金の支払義務の発生)

  • 1. ユーザーは、本システムを利用して撮影予約を行ったクライアントについての写真撮影サービスの提供を完了させた場合、当社がクライアントから現実に受領した写真撮影サービス利用の対価(以下「撮影料金」といいます)から、ユーザーが当社に対して支払うべき当社所定の本サービス利用の対価(以下「本サービス料金」といいます)を差し引いた金額を、写真撮影サービス提供の対価(以下「撮影報酬」といいます)として当社から支払われるものとします。ただし、当社は、1ヶ⽉以上の告知期間を設け、電⼦メール、本システムの管理者向けページにて告知の上、本サービス料金の改定または部分的変更を⾏うことができるものとします。なお、ユーザーが個人であり、クライアントにおいて源泉徴収の義務が発生する場合には、撮影料金の金額から所定の源泉徴収税額が控除されるものとします。
  • 2. 撮影予約は、以下の時点をもって完了します。
    • (1) クライアントが個人の場合:クライアントが撮影料金の全額を、当社が指定する方法で当社に対し支払い、当社がこれを確認した時点
    • (2) クライアントが法人の場合:クライアントが本サービス上で、当社指定の方法に従い、写真撮影の予約を申し込み当社がこれを確認した時点
  • 3. 本システムを介した撮影予約は、すべて本サービス料金の対象となるものとします。ユーザーが本サービスを利用する前から知得していたクライアントからの撮影予約を受け付ける場合であっても、ユーザーが当該クライアントに本サービスを介しての撮影予約が行われた以上、本サービス料金が発生します。
  • 4. ユーザーは、当社に対して撮影料金を代理受領する権限を付与するものとし、撮影料金を支払う義務は、クライアントが、当社が指定する方法で当社に対しその支払いをした時点で消滅します。

第5条(予約のキャンセル、延期について)

  • 1. 撮影予約のキャンセル及び延期は、別途当社が指定する方法によりクライアントのみが行えるものとし、ユーザーの方から一方的にキャンセルすることは出来ません。
  • 2. 撮影予約がキャンセルされた場合または撮影予約が延期された場合、クライアントに違約金の支払義務が発生し、当社は、当社が本システム上で別途表示するキャンセルポリシーに定める金額から本サービス料金を差し引いた金額をユーザー指定の口座に振り込むものとします。
  • 3.撮影予約がキャンセル又は延期された場合、ユーザーは撮影料金を受領する権利を失い(第2項及び第3項の違約金を除きます。)、また、第2項の場合を除き本サービス料金も発生しないものとします。

第6条(支払い方法)

撮影報酬の支払いは写真撮影サービスの提供が完了した月の末締めとし、当社は、撮影料金から本サービス料金を差し引いた金額を翌月末日限り、ユーザーの指定する銀行口座に振込送金して支払うものとします。なお、振込手数料は当社の負担とします。

第7条(プラン等の掲載にかかる遵守事項等)

  • 1. 本システムのプラン、写真については、ユーザーの責任において掲載するものとします。ただし、ユーザーは、以下の各号に該当する写真、プランを掲載してはならないものとします。
    • (1) 法令、条例または公序良俗に違反する恐れがある場合
    • (2) 犯罪的行為に結びつく蓋然性が高い場合
    • (3) 基本的人権の侵害、就職差別を助長し、均等な雇用機会を損なう恐れがある場合
    • (4) わいせつ図画、文書の頒布等にあたる場合
    • (5) 事実誤認を誘発しまたは虚偽である場合
    • (6) 他のユーザーまたは第三者の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。)を侵害する場合
    • (7) 他のユーザーまたは第三者の財産権またはプライバシーを侵害する場合
    • (8) 他のユーザーまたは第三者に不利益を与える場合
    • (9) 他のユーザーまたは第三者を誹謗中傷する内容である場合
    • (10) 本サービス運営を妨げまたは当社の信用を毀損する場合
    • (11) その他、当社が合理的な根拠に基づき不適当と判断する場合
  • 2. 当社は、ユーザーの掲載内容が前項各号のいずれかに該当し、または該当する恐れがあると判断した場合には、ユーザーに事前に通知することなく、かかる掲載を停止することができるものとします。なお、掲載の停止によりユーザーが損害を被った場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 3. 当社が第1項各号のいずれかに該当することを理由として第三者から権利侵害の主張をされた場合には、ユーザーの費用と責任においてこれを解決するものとします。また、万一、当社が独立にかかる紛争に対応した場合には、ユーザーは、当社が自己を防衛するため等の法的活動に要する費用(弁護士費用を含む)をすべて負担するものとします。
  • 4. ユーザーは、本システムに掲載したプラン、写真について、その内容の正確性、適法性を保持するものとし、変更等があった場合には、速やかに当社の定める方法で修正するものとします。

第8条(不保証)

  • 1. 当社は、本サービスの品質及び機能に関して、技術上または商業上の完全性、正確性及び有用性等につき、保証を行うものではありません。また、当社は、ユーザーが本サービスを利用して行った撮影予約の成果については、一切の責を負わないものとします。
  • 2. ユーザーが、クライアントに対して行う写真撮影サービスの提供は、ユーザーとクライアントとの間で締結される契約に基づき行うものとします。
  • 3. 前項におけるユーザーとクライアントとの間で締結される写真撮影サービスの提供に関する契約について、ユーザーとクライアントとの間にトラブルが発生した場合であっても、当社は一切の責任を負いません。
  • 4. 当社は、本サービスの利用に関連してユーザーと第三者との間にトラブルが発生した場合であっても、当社の故意または重過失がある場合を除き、当該トラブルに関して何ら関知せず、責を負わないものとします。
  • 5. 本システムから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本システムへのリンクが提供されている場合でも、当社は、本システム以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
  • 6. 当社は、本サービスに関連してユーザーが被った損害について、一切賠償の責任を負いません。

第9条(知的財産権)

  • 1. ユーザーが本システム上に投稿したコンテンツその他の情報(以下「投稿情報」といいます)の著作権は、ユーザーに帰属するものとします。但し、当社は現在及び将来にわたり、本システムの成果の拡充を目的として、必要な範囲において、無償で自由に利用(複製、複写、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。なお、ユーザーは、かかる当社の投稿情報の利用について、著作者人格権を行使しないものとします。なお、投稿情報を掲載するか否かは当社が判断するものとします。
  • 2. ユーザーは、本システム上に投稿した投稿情報に含まれる被写体の肖像権、パブリシティ権、商標権、著作権、その他の第三者の権利が存在する場合、存在する権利一切につき、当該権利の権利者又はその正当な代理人から許諾を取得しており、第三者の権利を侵害するものではないことを保証します。なお、万一、当社が第三者から権利侵害を主張された場合には、ユーザーの費用と責任においてこれを解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。また、万一、当社が独立にかかる紛争に対応した場合には、ユーザーは、当社が自己を防衛するため等の法的活動に要する費用(弁護士費用を含みます)をすべて負担するものとします。
  • 3. 第1項の規定にかかわらず、ユーザーがクライアントのために撮影した写真等にかかる知的財産権(著作権については著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます。)については、別段の合意がある場合を除き、写真撮影サービスの提供が完了した時点でユーザーからクライアントに移転するものとします。ユーザーは当該写真等にかかる著作者人格権を行使しないものとします。

第10条(業務委託・提携)

当社は現在及び将来にわたり、本サービスの業務を遂行し、あるいは事業を拡充する為に、継続的に第三者たる企業、組織または団体と業務委託・提携等をすることができるものとします。

第11条(本システムを通じてユーザーが取得する個人情報の取扱い)

  • 1.「個人情報」とは、個人の氏名、生年月日、年齢、性別、住所、電話番号、家族構成、趣味、嗜好、電子メールアドレス、ID、IPアドレス、勤務先、勤務先電話番号、クレジットカード番号及び銀行口座番号の情報等であって、これらのうちの1つあるいは2つ以上を組み合わせることによって、特定の個人を識別できるものを指します。
  • 2. ユーザーは、本システムを通じて取得された個人情報を、当社の許可なくユーザー以外の第三者に提供せず、営業活動以外の目的で使用しないものとします。
  • 3. ユーザーが前項に違反したことを理由として、万一、当社が第三者から権利侵害の主張をされた場合には、ユーザーの費用と責任においてこれを解決するものとします。また、万一、当社が独立にかかる紛争に対応した場合には、ユーザーは、当社が自己を防衛するため等の法的活動に要する費用(弁護士費用を含む)をすべて負担するものとします。

第12条(有効期間)

本サービス利用についての有効期間は、当社がユーザーにID及びパスワードを付与した日から1年間とします。ただし、当社又はユーザーのいずれかが有効期間満了の3営業日前までに更新拒絶の意思表示をしないかぎり、有効期間はさらに1年間自動更新するものとし、以後も同様とします。

第13条(サービスの停止等)

  • 1. 次の各号のいずれかに該当する場合には、当社はユーザーへの事前通知なしに、自らの判断により、本サービスの全部または一部を停止・中断もしくは運営方法を変更できるものとします。ユーザーは、当社の責めに帰すべき事由に基づく場合を除き、停止・中断もしくは運営方法の変更に関して、当社に対して損害賠償等を請求することはできません。
    • (1)本システムの保守点検を定期または緊急に行う場合
    • (2)火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
    • (3)天災地変などにより本サービスの提供ができなくなった場合
    • (4)当社が設置または管理する設備の異常、故障、障害その他本サービスをユーザーに提供できない事由が生じた場合
    • (5)当社の責によらない事由により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (6)当社及びユーザーにより、本システムにおける写真、プラン等の改善をしたにも関わらず、相当期間、掲載写真数と掲載期間に鑑みて著しく撮影予約率が低く、又は、著しく撮影予約後のキャンセル率が高い場合
    • (7)その他、当社が一時的な中断・停止を必要と判断した場合
  • 2. ユーザーが次の各号に1つでも該当する場合、当社は何ら催告なくユーザーに付与したID及びパスワードを無効化し、ユーザーのサービス利用を拒否できるものとします。
    • (1)本規約の各条項のいずれかに違反した場合
    • (2)掲載された写真、プランと実態が異なり、これによって第三者から苦情を申し立てられた場合、またはその恐れがある場合
    • (3)本規約違反の疑いにつき当社から説明を求められたにもかかわらず、合理的な説明を行えない場合
    • (4)破産、民事再生手続開始、特別清算⼿続開始、会社更⽣⼿続開始の申し⽴てを受け、または⾃ら申し⽴てた場合、若しくは事実上倒産した場合、またはその蓋然性が⾼いと当社が判断した場合
    • (5)集団的または常習的に暴⼒的不法⾏為等を⾏うことを助⻑する恐れのある団体に属している場合、または、これらの者と取引があることが判明した場合
    • (6)3ヶ⽉にわたり管理⾯⾯へのログイン記録がなく、当社からの書⾯・電話・メール等による問い合わせに対し、明確な回答を与えない場合
    • (7)その他、本サービスを継続しがたい事由が発⽣したと当社が判断した場合
  • 3. 本サービスの利⽤が終了した場合も、終了時点においてすでに掲載がなされていたプラン掲載により発⽣した撮影予約に関しては、ユーザーの当社に対する本サービス料⾦の⽀払義務が発⽣するものとします。

第14条(その他禁⽌事項)

  • 1. 本システムに関する著作権その他の権利は当社に帰属します。ユーザーは当社の権利を侵害してはならず、また、本システムを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、変更、改変、改造等しないものとします。
  • 2. 当社は、ユーザーと別途業務委託契約を締結することにより、写真の掲載、プランの作成を⾏う場合があります。かかる業務委託契約に基づき撮影・制作した写真・原稿については、当社が著作権を所有し、ユーザーはこれを本システムでのみ使⽤できるものとします。
  • 3. ユーザーは、本サービスを利⽤することにより得た写真撮影予約サイト運営⽅法の情報・技術情報、個⼈情報等をもとに、当社と同様の業務を⾏ってはならないものとします。また、有償無償を問わず、同情報を第三者に提供してはなりません。
  • 4. ユーザーは、本申込に基づく地位、及びこれに関して⽣じた当社に対する債権その他いかなる権利も、当社の同意なしに第三者に移転または譲渡してはなりません。
  • 5. ユーザーは、本規約の有効期間のみならず、本規約の有効期間終了後6ヶ月間においても、本サービスを通じて知り得たクライアントに、当社の承諾なしに本システムを利用しない方法での直接取引(写真撮影の実施、写真撮影にかかる業務の委託にかかる契約の締結又は対価の直接の支払及びそれらを勧誘する行為を含みますが、これに限られないものとします。)をしてはならないものとします。

第15条(暴⼒団等排除条項)

  • 1. ユーザーは、当社に対し、本サービスの申込み時に、ユーザー及びその役員、使⽤⼈が、暴⼒団等(暴⼒団、暴⼒団員、暴⼒団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会勢⼒)でないことを誓約するものとします。
  • 2. 当社は、ユーザーが次の各号に⼀つでも該当する場合、ユーザーに対する何らの催告なしに直ちに本サービスを停⽌することができるものとします。
    • (1)ユーザーが⾃ら⼜は第三者を利⽤して、当社に対し暴⼒的⾏為、詐術、強迫的⾔辞、業務妨害⾏為などの⾏為をした場合
    • (2)ユーザー⼜はその役員ないし使⽤⼈が、暴⼒団等であることが判明した場合
    • (3)ユーザーが当社から求められた暴⼒団等でないことの確認に関する調査等に協⼒せず、資料等を提出しない場合
  • 3. ユーザーは当社が前条により本サービスを停⽌した場合のほか、ユーザー⼜はその役員ないし使⽤⼈が暴⼒団等であることを理由として詐欺・錯誤等に基づき取引を終了した場合、⼀切の損害賠償を請求することはできません。

第16条(違約金及び損害賠償額等)

  • 1. ユーザーが本規約に違反しまたは不正もしくは違法な⾏為を⾏ったことにより当社に損害が⽣じた場合、ユーザーはその⼀切の損害(弁護⼠費⽤を含む)を当社に賠償する責を負います。
  • 2. 本サービスの利用に関連してユーザーとクライアントその他の第三者との間にトラブルが発生し当該第三者に損害が生じた場合、当該第三者の故意または重過失がある場合を除き、ユーザーはその一切の損害に関して当該第三者に賠償する責を負います。
  • 3. ユーザーが本システムを通じて依頼された撮影を実施したにもかかわらず過失によるものでなく故意に、当社に不実施と回答した場合(以下「隠ぺい行為」といいます)、ユーザーは、当社に対して、違約⾦として当該隠ぺい⾏為がなければクライアントより⽀払われていたと推定される撮影料金の100%(その額が100万円に満たないときは100万円)を⽀払うものとします。但し、当社に生じた損害が当該金額を超える場合には、当社はユーザーに対して当該損害の賠償を請求できるものとします。
  • 4. ユーザーが前項に違反してクライアントとの間で直接取引を行った場合、当社に対して、違約金として当該直接取引によってユーザーが受け取った額の2倍の金額(その額が100万円に満たないときは100万円)を支払うものとします。但し、当社に生じた損害が当該金額を超える場合には、当社はユーザーに対して当該損害の賠償を請求できるものとします。

第17条(協議事項)

ユーザー及び当社は、本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈について疑義が発⽣した場合には、お互いに誠意をもって協議し、解決するものとします。協議にあたっては、当社のユーザー営業担当者を窓⼝とし、解決が困難な状況となった場合は、管理担当者が最終窓⼝となり協議するものとします。

第18条(個⼈情報保護に関する事項)

  • 1. 当社は、本サービスをユーザーに提供するにあたり、ユーザーによる本サービスの利用記録及び個人情報を集計・分析し、個人を識別・特定できないように加工した上で統計データ等を作成し、当該統計データ等につき何らの制限なく利用(クライアント及び第三者への提案、市場の調査、新サービスの開発を含みますがこれらに限られません。)することができるものとし、ユーザーはこれを予め承諾するものとします。
  • 2. 当社は、別途当社が収集した会員からのアンケート結果、利用履歴情報データ、掲載企業の利用実績(撮影予約数など当社が確認できるやりとり、その他ユーザーからの報告内容を含みますがこれらに限られません。)をもとにした集計結果など、ユーザーの効果情報を本サービス上に掲示できるものとし、掲載企業はこれを予め承諾するものとします。
  • 3. ユーザーは、当社が、ユーザーとクライアントとの間で行う本システム上での通信の内容について閲覧できることに同意するものとします。但し、通信の内容についてのユーザーやクライアントのプライバシーを尊重し、みだりに閲覧等を行うものではありません。

第19条(存続規定)

第2条第2項、第4条(未払いの場合に限る)、第7条第2項及び第3項、第8条、第9条、第13条第1項、第16条から第22条までの規定その他その性質上存続させるべき規定は、ユーザーと当社の間の本サービスについての利用契約が終了した後も有効に存続するものとします。

第20条(準拠法)

本規約の成⽴、効⼒、履⾏及び解釈に関しては、⽇本法が適⽤されるものとします。

第21条(合意管轄)

本規約に関して、裁判上の争いが⽣じたときは、東京地⽅裁判所⼜は東京簡易裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

第22条(本規約の譲渡等)

当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第23条(規約の変更)

当社は、本規約を随時変更することができ、変更後の規約(以下「新規約」といいます)は、ユーザーと当社との間に適⽤されます。

ただし、規約の変更時には事前に合理的な告知期間を設け、電⼦メール、管理者向けサイト上で変更内容を告知をするものとし、この告知期間経過を以って変更の効力が生じるものとします。法令上本規約の変更に同意を要する場合は、当社所定の方法にで同意を得た上で変更するものとします。