フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志) フォトの匠 (原 孝志)
フォトの匠 (原 孝志)

フォトの匠 (原 孝志)

英語 日本語

このカメラマンの出張撮影エリア

兵庫県 京都府 大阪府

フォトの匠 (原 孝志)について

はじめまして、ウェディング撮影専門の「フォトの匠」代表の原孝志です。

「フォトの匠」のポリシーは、「できるだけたくさんのシアワセの想い出をお二人に残してカタチにし、その想い出でお二人の未来を作っていってほしい。」ということです。

現在、式場での写真撮影や映像制作にかかる費用は、(どれだけのサービスを利用するかによって変わりますが)、最低でも20万円~80万円程度までかかると言われています。
この高額な費用のために、写真撮影や映像制作を断念し、想い出を残せない方がたくさんいることに気がつきました。

また、式場で撮影するカメラマンのレベルのバラツキも問題になっています。特に繁忙期になると、プロカメラマンの絶対人数が少ないため、写真専門学校生やサラリーマン等のアルバイトカメラマンをあてがう式場も少なくはありません。
何しろ、当日のカメラマンは誰なのかがまったくわからない場合がほとんどで、それではお二人も安心して撮影を任せることはできない状況です。

このような現状の不適切な撮影のコストや品質を適正にして、たくさんの良質な想い出を残していただき、安心して当日を迎えて喜びの笑顔で人生最高のイベントを楽しんでいただくこと。
これがフォトの匠の一番の想いです。

そして、これらを実現するためのフォトの匠のポリシーは、
第一に、お客様のご予算や要望に応じて、適正な価格で質の良いサービスを提供すること。
  アルバム、記録ビデオ、ダイジェストエンドロールなどのサービスはいろんな価格帯のものを揃えています。
  また、カメラマンは必ずプロカメラマンが撮影を行います。
第二に、新郎新婦お二人とのコミュニケーションをもっとも大切にすること。 
  お二人とは原則最低2度の打ち合わせ(見積もり打合せ/カメラマン同席での式場での進行打合せ)をします。

フォトの匠ではまずはじめに、お二人とじっくりと打合せをさせていただき、お二人と友達になることから始めます。

フォトの匠 (原 孝志)は、こんな写真を撮影しています

このフォトグラファーの記事

撮影可能な写真撮影地について

2017-06-20 15:05:42

【結婚式、披露宴、二次会等の当日スナップ写真撮影について】 当店では主に、関西(神戸、京都、大阪、奈良)及び関東(東京、横浜、千葉、埼玉)で...

ウェディングフォトグラファー直接予約サイト | AMI[アミ]