山田和史写真事務所が撮影した「ウェディング」の写真

山田和史写真事務所が撮影した「ウェディング」の写真

この写真はアルバム「ウェディング」の中の1枚です。
このアルバムでは他にも5枚の写真を見ることができます。
挙式などがキーワードの写真を探すなら、「ウェディング」の他の写真も詳しく見てみるのがおすすめです。

まとめて写真を見ると、山田和史写真事務所がどんな印象の写真を撮るフォトグラファー(スタジオ)なのかもよく分かります。
山田和史写真事務所のように、クオリティの高い写真を撮影する国内外の腕の良いフォトグラファーやスタジオが、AMIには数多く登録しています。
ビジネスポートレートや企業撮影のフォトグラファー選びの際、ぜひご参考になさってください。

この写真につけられているキーワード

山田和史写真事務所

山田和史写真事務所

日本語

このカメラマンの出張撮影エリア

北海道

山田和史写真事務所について

地元の高校卒業後にサラリーマンになって1年半くらい働き、どうにも合わないことがわかって単身鹿児島県の奄美大島に徒歩と鈍行列車をメインに使って移住。
島には仕事が無くて職を転々とし、自分は何も出来ないんだとわかって地元に戻り、「どこに行っても食っていける人間になろう」 をテーマにして仕事を探し、給料無しで地元の靴職人と革職人に弟子入り。夜は焼肉屋でバイト。

23歳でドイツのフランクフルト近郊のノイ=イーゼンブルクに移住。
フリーライターとして原稿料をもらいながら、日本のお店で働いて貯金してヨーロッパの靴職人の弟子になったるわと2年を過ごし、その後単身で職を探しながらスペインの西端にある岬まで半年歩き、結局色々断られたりビザと所持金の関係でやむなく帰国。

帰国後に富山県に出稼ぎに行き、貯金をして富山に自分の店をオープン。半年で閉店、貯金無くなる。
28歳くらいで輸入家具屋さんでバイトさせてもらいながら作品を作ってネットショップの運営を始めて、2010年に結婚。

現在はネットショップで注文をもらうのと、写真の仕事をしたり、写真展をやったりしながら暮らしています。

山田和史写真事務所は、こんな写真を撮影しています

世界のフォトグラファー・ビデオグラファー・データベース&予約サービス | AMI[アミ]